top of page

寒いご自宅は断熱材で解決!理想的な終の住処となる「断熱リフォーム」とは!?




今更ながら亜鉛を飲み始めました、中年ライター上野です。 ※アレが元気になるらしいです。。 さて、当サイトでは、

宮崎ハウジング/(株)グランディールが提供をする、熊本においてタメになる住宅関連情報などをお届けするオウンドメディアサイトとなっておりますが、今回は、以前紹介しました「【ミヤハウ実例】誰しもが持つ悩み「実家問題」の解決はこれだ!」で取り上げました、

「居住スペースのみの断熱スマートリフォーム」 を実際に施工して頂いて大満足!という奥村様の邸宅をご訪問! その際のビフォー・アフターや、現在のお暮しの様子をお伝えしたいと思います。 。。というわけで宮崎社長と待ち合わせをしているのですが、もうお時間過ぎているのですがお姿が見られない。。

待たせたねー上野君!


と!とんできた!?


どうも宮崎でございます。私は必要とあらば光の速度で現場まで飛んでいきよりますけんの!


そ、そうですか。。それよりもまた日々お忙しいようで。。


このコロナ過でご高齢の方のご相談が大変多く頂いておっます。

「地域課題支援協会」でも、特にオムロン株?オミクロンか。その影響で熊本も大変なことになっとるけんねぇ。感染が怖くて家からできらっさんというお声ばよー聞きます。

本当に再び大変な時期になってしまいましたね。。




それで家ん中でじっとするにしても、そん家ん中が寒して堪らんごたんなら辛かでしょうが。 古か家なら風漏れぴゅーぴゅー。逆に換気にはよかかもしれんばってん、そんな家で暖房ガンガンしたところで燃料ばっか掛かっていっちょん温まらん。


私の家も古い家なので、12月の電気代請求が高額でひゃー!となりまして。


そんで特に今はコロナ対策ばとかで定期的に窓開けて換気ばすると、せっかく温まった部屋が寒部屋に元通りたい。それを巻き返そうと暖房ばまたフルパワーにするけん、暖房費は青天井になる。 そこで重要になるのが「断熱材」たいな!


以前の記事でも4回に分けて大特集致しました。


最新の断熱施工をすれば、夏暑くなーい!冬寒くなーい。が本当に実現でくっとです!

ただそれを我が家丸ごとすっとなるとなかなかか金が掛かる。なので、我が実家の我が部屋だけをしっかりリフォームして、ハウスインハウスの最適な居住空間ば作りましょうという話たい。

以前の記事でも大変良い反響を頂きましたね。


今日はこれから、その理想的な断熱材を施したエンディングホームをして頂いとる奥村様邸に伺って、実際の事例を見て頂きたいとおもっとります。

 

実家内に理想的なワンルーム!

今回訪問した「奥村様邸」

現在はお一人でご生活とのことで、ファミリー設計の家だったのを、1F部分をリフォームしてご自身専用の生活空間に仕上げてらっしゃいます。

給湯の機械と思われる横にガスボンベも


これはエコキュートですか?


半分正解。実はガスも使えるハイブリット給湯器になっとります。


なんと!そんなものもあるんですねー。


電気とガス、どちらの特性も活かせるいいとこどりの給湯器ばい。それと電気は便利かばってん、やっぱり災害に合って電気の供給が止まれば現実お湯も作れなくなったいな。 その際のバックアップという点でも2つ使えるというのは良かことつたい。

停電でお風呂に入れないなんて厳しいですよねぇ。


また、今はコロナ問題で色んな部品が不足しとるけん、エコキュートが壊れたてなっても部品が無いけん数か月修理できんとか現実起こっちょる。電気がだめでもガスがが使える!世の中乱れとるけん、トラブル回避策は重要ばい!


 

玄関に入ると二階への階段の横には、すぐお部屋。基本的にはこのお部屋と浴室やトイレのみの施工です。使っていない空間は手をつけていないので、結果的に低コスト!


奥村様、訪問を受け入れてくださり、ありがとうございます。 今の生活環境はいかがですか?


ほんなよかよー。この部屋で全てすっきり収まって、床も暖かくて快適。

もし老人ホームに入るとなっても、この部屋より狭くて月5・6万は掛かるかもばい。

もちろん老人ホームなら職員さんが面倒を見てやらすばってん、奥村さんは元気元気だっけん、週数回のヘルパーさんとかお手伝いに来てもらえればそっで十分。なんかあったら宮崎紀男もおりますけん!


あんたがおっとが一番心強かたいな。


縦長のお部屋。元々廊下だった部分も含めてお部屋に含めてリフォーム。


なんといっても床がすぐ暖かくなるし、部屋全体が優しく包まれる感じよね。



断熱がしっかりしとるけんね!板間が冷たいのは体に堪えるけんなー。


 

このような断熱リフォーム工事をしっかり行い。

着々とお部屋を改築。

断熱材などの吹き付け等を経て。 ※社長の息子が職人として吹き付けを手掛けています!


理想のハウスインハウスのワンルームが完成しました。

 

もちろん部屋にエアコンはあるが、実際は冬も夏も長く稼働させることがほとんどないというから驚きだ。

とにかく暖気も冷気も一度部屋に流したら逃げないし減退もなか。ご高齢に方には暑い寒いの温度差が一番怖かけん、外がどんなに変化が激しくても、部屋の温度が一定、常春状態を保てるのがメリットたいな!


床暖房等のコントロールもスイッチひとつ。温まるスピードも早いそうです。

また熱すぎるわけでなく、ぽわっと温かいのが嬉しかよねぇ。

 


さらにお部屋で気にかけたのは「段差がないこと」 敷物を外せば終始フラットなので、足先を引っかけて転倒する心配がありません。


この台は置いているだけなので、掃除などでも移動させることも可能です。

 

そしてまた家の外を覗いてみると。

ベランダが温室ハウスのような作りに!


洗濯物を掛けてもよく乾くし、ここで椅子に座ってゆっくり休むのも快適よ。


いやーこれは羨ましい!私個人の理想なスタイルのひとつですねー。

 

お部屋に続いてお風呂もリフォーム。寒い浴室ともオサラバです!

話題のシャワー「ミラブル」も導入!これでお部屋の断熱だけでなくお肌もつるつるに!?


浴室用の暖房も、このハロゲン系の暖房機で十分対応可。 ハロゲン系はすぐ温まるけど、熱の広がりが弱いデメリットがありましたが、断熱のおかげで熱が逃げないので十分温まりが持続するそう。


 

家が快適な部屋に生まれ変わって体も健康に!


左:施主の奥村さん 右:宮﨑社長

以前は、季節に左右されて室内での寒い暑いが辛かったと奥村さん。それでも古い家ならこんなもの、と諦めていたそう。

いえいえ、別に家ばうち壊さんでもでくっとよ!長年思い出のある家の外観はそのまま。 ここ以外のお部屋もそのまま。だからお子様の部屋の思い出もそのままたい。


リフォームて聞いて家が綺麗になるとは嬉しかけど、それで家の記憶が消えてしまうのも悲しいもんね。


もっといえば、もしも今後どうしても体が厳しくなって、施設や病院に入らんといかんとなって空き家になった場合でも、この部屋なら良か値段で貸さるっよ。 もちろん、せっかくの快適部屋だっけん、いつまでも元気でお過ごしください。


なんかあったらまた電話するけん、いつでも電話でらるっごつしとってな!


うちは売って終わりじゃなかけん。お客様とのご縁こそ資産。またいつでもお邪魔しますばい。

 

今の新築には初めから断熱材を施したのが主流だというが、ご高齢の方の終の住処を新築にするのはなかなかいかないのが現実。

今回このように一部居住空間のみを断熱リフォームすることで、居住者の体も心もケアができることがわかった。 また、リフォームは会社が営業に傾倒過ぎると利益だけを求め、お客様の満足がおろそかになりがちになる。 後々のサポートも含め、

宮崎ハウジング/(株)グランディールが提供する断熱リフォームは、それだけではない大きな+αを得ることができるのではないだろうか。

Comments


bottom of page